RTC Engine
  • Overview
  • Web
    • Demo のクイックスタート
    • SDK クイックスタート
    • 基本機能
      • 画面共有
      • ライブブロードキャスト
      • メディアデバイス
      • 音量
      • エンコーディング構成ファイルの設定
      • ネットワーク品質の検出
      • 検出能力
    • 高度な機能
      • AI ノイズ低減の有効化
      • ミキシングを有効にします
      • ウォーターマークを有効にします
      • Enable Virtual Background
      • 美顔とエフェクトの有効化
      • データメッセージ
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
    • インターフェースリスト
    • リリース説明
    • 対応するプラットホーム
    • Web に関するよくあるご質問
      • 複数人でのビデオ通話を最適化
      • 制限付き自動再生の処理
      • ファイアウォール制限への対応
      • その他
  • Android
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCStatistics
      • TRTCCloudListener
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • ソリューション
      • リアルタイムコーラス (TUIKaraoke)
        • クイックインテグレーション
        • 実施ステップ
        • 曲の同期
        • 歌詞の同期
        • 音声同期
        • ミクスストリーミングソリューション
        • TRTCKaraoke 関連インターフェース
        • よくあるご質問
    • リリース説明
  • iOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
    • ソリューション
      • クイックインテグレーション
      • 実施ステップ
      • 曲の同期
      • 歌詞の同期
      • 音声同期
      • ミクスストリーミングソリューション
      • TRTCKaraoke 関連インターフェース
      • よくあるご質問
    • リリース説明
  • macOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
      • リリース説明
    • リリース説明
  • Windows
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • ITRTCCloud
      • ITRTCStatistics
      • TRTCCloudCallback
      • ITXAudioEffectManager
      • ITXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • リリース説明
  • Electron
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Flutter
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Unity
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • QT
    • インテグレーション
      • 1. SDK のインポート
  • Overview
    • Overview
  • 概念
  • Features
  • 性能統計
  • 価格
    • 無料時間
    • RTC-Engine パッケージ
    • サブスクリプションパッケージ期間の課金説明
    • 従量課金
      • 音声・ビデオ時間の課金説明
      • クラウド録画の課金説明
      • ミックストランスコーディングとCDNへのリレーの課金説明
  • よくあるご質問
    • 初心者のよくあるご質問
    • マイグレーションガイド
      • Twilio Video から TRTC への移行
      • 課金
      • Features
      • UserSig
      • ファイアウォール制限
      • インストールパッケージを削減する方法
      • TRTCCalling Web 関連
      • オーディオ・ビデオの品質
      • その他
RTC Engine

インストールパッケージを削減する方法

TRTC SDKのインテグレーション後、ファイル容量の増加はどのくらいですか?

TRTCの各バージョンのSDKで容量の増加は異なります。詳しくは、SDK ダウンロードをご参照ください。

iOSのプラットフォームでインストールパッケージの容量を圧縮するにはどうすればいいですか?

方法一:ARM64アーキテクチャのみでパッケージ化(推奨)
方法二:BitCodeを起動
アップルiPhone5s以上のバージョンの携帯電話はいずれもx64 アーキテクチャのみでのパッケージ化をサポートできます。XCodeの中のBuild Settingで、Build Active Architecture Onlyの設定をYESにし、同時に、Valid Architecturesに arm64と書き込むだけで済みます。TRTC SDK のシングルアーキテクチャのipa増加量は僅か1.9Mです。


アップルiPhone 5sとそれ以前のバージョンの携帯電話では、プログラムの中の全てのサードパーティライブラリで BitCodeをサポートしている場合、BitCodeを起動してインストールパッケージの容量を圧縮することができます。Build Settings > Build Optionsの中で Enable Bitcodeのオプションを開けば、BitCodeを起動できます。

2016年以降、アップルはそのXCode開発環境の中で、BitCodeコンパイルのオプションをサポートし始めました。BitCodeを立ち上げると、コンパイラが Appに対して 中間コードを生成し、実際のアセンブリのマシンコードとはなりません。ユーザーがApp Storeから ダウンロードしてインストールするのは、具体的な携帯電話のCPUアーキテクチャを対象に生成されたマシンコードです。そのためこの方法ではインストールパッケージの容量を大幅に圧縮できます。

Androidのプラットフォームでインストールパッケージの容量を圧縮するにはどうすればいいですか?

方法一:一部のsoファイルのみをパッケージ化
方法二:jarファイルのみでパッケージ化(インストール後にsoファイルをダウンロード)
Appを中国大陸のみで使用する場合は、armeabi-v7aアーキテクチャのsoファイルのみをパッケージ化すれば、インストールパッケージの容量増加を5M以内に圧縮できます。Appを Google Playストアに掲載したい場合は、armeabi-v7aarm64-v8aの2つのアーキテクチャの soファイルをパッケージ化できます。 具体的な操作方法:現在のプログラムの build.gradleの中に abiFilters "armeabi-v7a"を追加してシングルアーキテクチャのso ファイルのパッケージ化を指定するか、または `abiFilters "armeabi-v7a","arm64-v8a"を追加してデュアルアーキテクチャの soファイルを指定します。
armeabi-v7a アーキテクチャの so ファイルのみでパッケージ化する(Google Playに掲載する必要がない)場合:


armeabi-v7a と `arm64-v8aの2つのアーキテクチャの so ファイルをパッケージ化する場合(Google Playに掲載):


ご注意:
AppをGoogle Playに掲載したい場合は、この方法を使用しないでください。掲載できない可能性があります。
Android 版 SDKの容量は主にsoファイルから来るものです。インストールパッケージの容量増加を1M以内に圧縮したいのであれば、インストールしてからsoファイルをダウンロードする方式を検討することができます。
1. Github フォルダ下で、LiteAVSDK_TRTC_x.x.xxx.zip に似た名前がついた圧縮パッケージを見つけることができます。それを解凍して指定アーキテクチャのsoファイルを見つけます。
2. 手順1でダウンロードしたsoファイルをアップロードします。お客様のサーバー(またはTencent Cloudの COS Cloud Object Storageのサーバー)にアップロードし、ダウンロードURLを記録します(例:http://xxx.com/so_files.zip)。
3. ユーザーがSDKの関連機能を立ち上げる前(例:ビデオ再生の開始前)に、先に loadingの動画を使って、「関連機能モジュールのローディング中」であることをユーザーに喚起します。 ユーザーが待っている間に、Appは http://xxx.com/so_files.zipに移動してsoファイルをダウンロードし、かつアプリケーションディレクトリの下に保存します(例:アプリケーションのルートディレクトリの下のfiles フォルダ)。このプロセスがキャリアの DNSハイジャックの影響を受けないように、ファイルダウンロード完了後に、soファイルの完全性を検証し、キャリアによるzip压缩パックの改ざんを防止してください。
4. soファイルが全て揃うのを待ってから、TXLiveBase類(LiteAVSDKの最も早期の基本モジュール)の中の setLibraryPath()インターフェースを呼び出し、soダウンロードのターゲットパスをSDKに設定します。SDKはこれらのパスを辿って必要な soファイルをローディングし、関連機能を立ち上げます。