• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
サーバー API/
RESTful インターフェース/
メッセージ関連/
すべてのユーザーにプッシュします/
サーバー API
  • UserSig の生成
  • RESTful インターフェース
    • RESTful インターフェースの概要
    • RESTful インターフェースリスト
    • メッセージ関連
      • メッセージ送信
        • 単一ユーザーへのシングルチャットメッセージの送信
        • 複数のユーザーへのシングルチャットメッセージの送信
        • グループ内で一般的なメッセージを送信
        • グループでシステムメッセージを送信
        • ライブブロードキャストグループのブロードキャストメッセージ
        • シングルメッセージのインポート
        • グループメッセージのインポート
      • 過去のメッセージ
        • 過去のシングルチャットメッセージの変更
        • 過去のグルップチャットメッセージの変更
        • 過去のシングルチャットメッセージの取得
        • 過去のグルップチャットメッセージの取得
      • メッセージ削除
        • 指定されたユーザーが送信したメッセージを削除
      • メッセージの取り消し
        • シングルチャットメッセージの取り消し
        • グループメッセージの取り消し
      • 既読レシート
        • シングルチャットメッセージを既読に設定
        • グループメッセージの既読レシート詳細の取得
        • グループメッセージの既読レシートの取得
      • メッセージ拡張
        • シングルチャットメッセージ拡張の取得
        • シングルチャットメッセージ拡張の設定
        • グループメッセージ拡張の取得
        • グループメッセージ拡張の設定
      • すべてのユーザーにプッシュします
        • 全員プッシュインタフェース
        • すべてのユーザーにプッシュします
        • アプリケーションプロパティ名の設定
        • アプリケーションプロパティ名の取得
        • ユーザープロパティの取得
        • ユーザープロパティの設定
        • ユーザープロパティの削除
        • ユーザーフラグの取得
        • ユーザーフラグの追加
        • ユーザーフラグの削除
        • ユーザーのすべてのフラグを削除
    • セッション関連
      • セッションリスト
        • セッションリストの取得
      • 未読セッション数
        • メンバーの未読メッセージ数の設定
        • 未読シングルチャットメッセージ数を照会
      • セッションの削除
        • セッションの削除
      • セッショングループフラグ
        • セッショングループデータの作成
        • セッショングループデータの更新
        • セッショングループデータの削除
        • セッションフラグデータの作成・更新
        • セッショングループフラグの検索
        • セッショングループマークデータの取得
    • グループ関連
      • グループ管理
        • アプリケーション内のすべてのグループを取得
        • グループの作成
        • グループの解散
        • ユーザーが参加しているグループを取得します
      • グループプロファイル
        • グループプロファイルの取得
        • グループプロファイルの変更
        • グループプロファイルのインポート
      • グループメンバーの管理
        • グループメンバーの追加
        • グループメンバーの削除
        • グループメンバーのブロック
        • グループメンバーのブロック解除
        • 一括発言禁止と発言禁止の解除
        • 発言を禁止されているグループメンバーのリストを取得
        • グループオーナーの変更
        • グループ内のユーザーの身分を照会
        • グループメンバーのインポート
      • グループメンバーの情報
        • グループメンバープロファイルの取得
        • グループメンバープロファイルの変更
      • グループのカスタムプロパティ
        • グループのカスタムプロパティの取得
        • グループのカスタムプロパティの変更
        • グループのカスタムプロパティをクリアします
        • グループのカスタムプロパティをリセットします
        • グループのカスタムプロパティを削除します
      • ライブブロードキャストグループ管理
        • ライブブロードキャストグループのオンライン人数の取得
        • ライブブロードキャストグループメンバーのリストを取得
        • ライブブロードキャストグループメンバーのフラグ設定
        • ブロックされているグループメンバーのリストを取得
      • コミュニティ管理
        • トピックの作成
        • トピックの削除
        • トピックプロファイルの取得
        • トピックプロファイルの変更
        • トピック資料のインポート
      • グループカウンター
        • グループカウンターの取得
        • グループカウンターの更新
        • グループカウンターの削除
    • ユーザー管理
      • アカウント管理
        • シングルアカウントのインポート
        • 複数アカウントのインポート
        • アカウント削除
        • アカウントの検索
      • ユーザー情報
        • プロファイルの設定
        • プロファイルの取得
      • ユーザー状態
        • アカウントのログイン状態が無効になりました。
        • アカウントのオンライン状態の確認
      • 友達管理
        • 友達の追加
        • 友達のインポート
        • 友達の更新
        • 友達の削除
        • すべての友達を削除
        • 友達の検証
        • 友達の取得
        • 指定友達の取得
      • 友達リスト
        • リストを追加
        • リストの削除
        • リストの取得
      • ブラックリスト
        • ユーザーをブラックリストに追加します
        • ユーザーをブラックリストから削除
        • ブラックリストの取得
        • ブラックリスト内のユーザーの検証
    • 全員発言禁止の管理
      • 全員発言禁止の設定
      • 全員発言禁止の照会
    • メンテナンス管理
      • メンテナンスデータの取得
      • 最新メッセージのダウンロード
      • サーバー IP アドレスの取得
    • スマートロボット
      • スマートロボットのアカウントを取得
      • スマートロボットのアカウントを作成
      • スマートロボットのアカウントを削除
  • トリガー
    • コールバックの概要
    • コールバックコマンドリスト
    • メンテナンス管理コールバック
      • インターフェースオーバークロックアラームコールバック
    • オンライン状態のコールバック
      • 状態変更コールバック
    • リレーションシップチェーンコールバック
      • プロファイル更新後
      • 友達を追加する前
      • 友達追加に応答する前
      • 友達を追加した後
      • 友達を削除した後
      • ユーザーをブラックリストに追加した後
      • ユーザーをブラックリストから削除した後
    • シングルメッセージのコールバック
      • シングルチャットメッセージを送信する前
      • シングルチャットメッセージを送信した後
      • シングルチャットメッセージを既読に設定した後
      • シングルチャットメッセージを取り消した後
    • グループコールバック
      • グループを作成する前
      • グループ作成後
      • グループ加入を申し込む前
      • グループに追加する前
      • ユーザーがグループに参加した後
      • メンバーがグループから退出した後
      • グループメッセージを送信する前
      • グループメッセージを送信した後
      • グループが満員になった後
      • グループ解散後
      • グループプロファイル変更後
      • グループメッセージ取り消し後のコールバック
      • ライブブロードキャストグループメンバーのオンライン・オフライン状態のコールバック
      • グループメッセージ送信異常のコールバック
      • トピックを作成する前
      • トピックを作成した後
      • トピック削除後
      • トピック情報変更コールバック
      • グループメンバープロファイル変更後のコールバック
      • グループプロパティ変更後のコールバック
      • 既読レシートの後のコールバック
      • グループオーナー変更後のコールバック
    • コールバック相互認証設定ガイド
      • Apache 相互認証の設定
      • Nginx 相互認証の設定
    • スマートロボットのコールバック
      • スマートロボットのシングルチャットメッセージのカスタムコールバック
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

全員プッシュインタフェース

Push to All Users Overview

The push to all users service is a group of RESTful APIs implemented based on the IM communication architecture. This service is used to meet message push requirements of the application, including pushing messages to all users, pushing messages by tag, and pushing messages by attribute. Clients can receive pushed messages by using the online and offline push features (Android background notifications and APNs) of the SDK. The group push service also supports offline storage of messages, helping operators achieve their operational goals more efficiently.
Note:
An account can receive messages pushed to all users only after it has been logged in to or manually imported.
The feature of pushing to all users is available only to users with Flagship edition accounts. See Configuration Change Ticket to apply for this feature. The feature will be enabled 48 hours after your application is approved.

Basic Features

Push messages to all users of the application.
Push messages by user tag.
Push messages by user attribute.

Strengths

The group push service is provided based on the client IM SDK and IM backend, which guarantee messaging capabilities and system availability.
Message delivery is guaranteed based on the IM SDK, and the service provides simple message broadcasting capabilities for applications.
You can set up to 10 push attributes for each user. Each attribute can be set separately without affecting the others.
The service pushes messages based on multiple attributes connected by AND or OR logic.
The service pushes messages based on multiple tags connected by AND or OR logic.
The service pushes messages only to online users and retains messages offline for up to 7 days(withdrawal and roaming are not supported).
You can customize messages.
You can specify the sender account.

Use Cases

Pushing messages to all users

Example 1: a game application plans to provide special offers on Christmas and needs to push the notification to all users. In this case, the group push service can be used to boost efficiency. In addition, to inform more users of this promotion, you can set the offline message retention period. In this way, even if some users are not online when the message is pushed, they can still receive the message when they go online within this offline retention period. This improves the quality and effectiveness of the promotion. Example 2: a livestreaming application plans to launch a large-scale live marketing activity and needs to push the notification to all users. In this case, you can push the notification to all users starting 7 days before the activity and set the offline message retention period to 7 days. When the activity starts, you can push the notification to all users again, without specifying an offline retention period. In this way, all online users can receive the notification and join the live room, attracting more users into the live room.

Pushing messages to users by user tag

For example, a financial product plans to push a financial planning service to users who follow "stock A" or "stock B". In this case, you can push messages by tag:
1. When a user follows "stock A" or "stock B", add the corresponding tag to the user by calling the API for adding tags.
2. When a user unfollows "stock A" or "stock B", delete the corresponding tag of the user by calling the API for deleting tags.
3. Set the push condition to "stock A" or "stock B" (by using the TagsOr feature) in the API for pushing messages. In this way, all users that follow "stock A" or "stock B" can receive the messages.

Pushing messages by user attribute

For example, users of a game are classified into non-members, ordinary members, gold members, and platinum members. Assume the operator plans to push an activity to platinum members in Shenzhen. In this case, they can push the message by attribute:
1. Set the application attribute names. In this example, the game users have two attributes: membership tier and city. You can set attribute 0 as the membership tier and attribute 1 as the city.
2. When the membership tier of a user changes (for example, when the membership expires or the user purchases a membership), modify the membership tier attribute of the user by calling the API for setting user attributes. For example, when a user purchases a gold membership, set the membership tier attribute of the user to "gold member".
3. When the city where a user is located changes, modify the city attribute of the user by calling the API for setting user attributes. For example, when the city changes from Beijing to Shanghai, set the city attribute of the user to "Shanghai".
4. During the activity, you can call the push API and set the membership tier attribute to platinum and the city attribute to Shenzhen. Then, all platinum members in Shenzhen will receive the pushed message.
Note:
In this scenario, pushing by attribute is preferable to pushing by tag. If you push the message by tag, when the city of the user changes from Shenzhen to Guangzhou, the application needs to delete the "Shenzhen" tag of the user and then add the "Guangzhou" tag, which involves two API calls. However, if you push the message by attribute, only one API call is required to modify the city attribute of the user.