コンソールガイド
  • アプリケーション管理
    • アプリケーションの作成
    • Overview
    • 機能設定
    • コールバック設定
  • パッケージ管理
  • 使用量統計
    • インタラクティブオーディオ・ビデオ
    • クラウドレコーディング
    • クラウドミクスストリーミングのトランスコーディング
    • CDN へのストリーミング
  • モニタリングダッシュボード
    • 通話データ
      • 通話リスト
      • 通話の詳細
      • エンドツーエンドの詳細
    • リアルタイムモニタリング
  • 開発支援
    • UserSig の生成と検証
  • サービスエリアの選択

UserSig の生成と検証

TRTCコンソールでは、オンラインでの署名(UserSig)生成をサポートしていますが、このUserSigは開発段階のクイックテストにのみ使用されます。正式なサービス開始前に、UserSig計算ロジックをバックエンドサーバーに移行し、暗号化キーの漏洩によるトラフィックの盗用を回避してください。

署名(UserSig)生成ツール

開発者とTencent Cloudサービスとは、署名(UserSig)検証を通じて信頼関係が確立されます。
1. TRTCコンソールに入り、左側のバーの【開発支援ツール】>【UserSigの生成&検証】を選択して、【署名(UserSig)生成ツール】コンポーネントを確認してください。
2. ドロップダウンリストをクリックして作成済のアプリケーション(SDKAppID)を選択します。完了すると対応するキー(Key)が自動生成されます。
3. ユーザー名(UserID)を入力します。
4. 【署名(UserSig)生成】をクリックして、対応する署名(UserSig)を生成します。

署名(UserSig)検証ツール

このツールを使用して署名(UserSig)の有効性を確認します。
ご注意:
使用時は、検証をリクエストする時に入力するSDKAppID、UserIDがUserSigのSDKAppID、UserIDと一致していることを確認してください。
1. TRTCコンソールに入り、左側のバーの【開発支援ツール】>【UserSigの生成&検証】を選択して、【署名(UserSig)検証ツール】コンポーネントを確認します。
2. 検証したいアプリケーション(SDKAppID)を選択します。完了すると対応するキー(Key)が自動生成されます。
3. ユーザー名(UserID)を入力します。
4. 検証したい署名(UserSig)をコピーして、【署名(UserSig)】の中にペーストし、【検証開始】をクリックします。
説明:
【署名(UserSig)生成ツール】コンポーネントの中で生成したUserSigである場合、【署名(UserSig)のコピー】をクリックしてコピーすることを推奨します。
5. 検証の完了後、下側の検証結果を確認できます。

関連資料

その他のUserSigに関するご質問は、 UserSigに関するご質問をご参照ください。