• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
SDK/
Unity(Game Solution)/
SDK
  • Run Demo
  • SDK の統合
  • 初期化
  • ログインとログアウト
  • メッセージ
    • メッセージの概要
    • メッセージ送信
    • メッセージの受信
    • 過去のメッセージ
    • メッセージ転送
    • メッセージの変更
    • メッセージ削除
    • メッセージをクリア
    • メッセージの取り消し
    • オンラインメッセージ
    • 既読レシート
    • クエリーメッセージ
    • グループ @ メッセージ
    • ターゲットグループメッセージ
    • 通知のサイレントモード
    • メッセージ拡張
  • セッション
    • セッションの概要
    • セッションリスト
    • セッションの取得
    • 未読セッション数
    • セッションの先頭固定表示
    • セッションの削除
    • セッションの下書き
    • セッションフラグ
    • セッショングループ
  • グループ
    • グループの概要
    • グループ管理
    • グループプロファイル
    • グループメンバーの管理
    • グループメンバープロファイル
    • グループプロパティのカスタマイズ
    • グループカウンター
  • ユーザー
    • ユーザープロファイル
    • ユーザー状態
    • 友達管理
    • 友達リスト
    • ブラックリスト
  • Changelog
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

SDK の統合

This document describes how to quickly integrate the Chat SDK for Unity to your projects. To configure and integrate the SDK, follow these steps.

Environment Requirements

Platform
Version
Unity
2019.4.15f1 or later
Android
Android Studio 3.5 or later; devices with Android 4.1 or later for apps
iOS
Xcode 11.0 or later. Ensure that your project has a valid developer signature.

UPM Integration (Recommended)

1. Find the manifest.json file:

2. Modify it as follows:
{
"dependencies":{
"com.tencent.imsdk.unity":"https://github.com/TencentCloud/chat-sdk-unity.git#unity"
}
}
3. Open the project in the Unity Editor, wait until dependencies are loaded, and confirm the Tencent Cloud Chat is successfully loaded.
img

4. This is a test step. You can download IM_Api_Example and put it in your project after decompression.

Note:
IM_Api_Example is a demo used to test the callback data of the SDK's API. You can also call the API during early project development to manipulate your project.
Drag all the scenes under the IM_Api_Example/Assets folder to Build Settings, and make sure that the Main scene is put at the first place.

Double-click the Main scene under IM_Api_Example/Assets to start the demo. Here, you can select the language.

Click

on the right of the header and enter the information.

Click InitSDK and Login in Base Module for initialization and login. Then you can call the APIs available in IM_Api_Example.