• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
SDK/
Flutter/
メッセージ/
SDK
  • Chat SDK のインストール
    • インストール
  • Chat SDK の初期化
    • 初期化
  • ログインとログアウト
    • ログインとログアウト
  • メッセージ
    • メッセージの概要
    • メッセージ送信
    • メッセージの受信
    • 過去のメッセージ
    • メッセージ転送
    • メッセージの変更
    • メッセージ挿入
    • メッセージ削除
    • メッセージをクリア
    • メッセージの取り消し
    • オンラインメッセージ
    • 既読レシート
    • クエリーメッセージ
    • グループ @ メッセージ
    • ターゲットグループメッセージ
    • 通知のサイレントモード
    • メッセージ拡張
  • セッション
    • セッションの概要
    • セッションリスト
    • セッションの取得
    • 未読セッション数
    • セッションの先頭固定表示
    • セッションの削除
    • セッションの下書き
    • セッショングループ
  • グループ
    • グループの概要
    • グループ管理
    • グループプロファイル
    • グループメンバーの管理
    • グループメンバープロファイル
    • グループプロパティのカスタマイズ
  • ユーザー
    • ユーザープロファイル
    • 友達管理
    • 友達リスト
    • ブラックリスト
  • オフラインプッシュ
    • オフラインプッシュ
  • シグナリング
    • シグナリング管理
  • ローカル検索
    • メッセージ検索
    • 友達を検索
    • グループの検索
    • グループメンバーの検索
  • インターフェースリファレンスドキュメンテーション
    • 顧客インターフェース
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

メッセージの変更

Overview

This feature enables any member in a conversation to modify a successfully sent message in the conversation. The message will be synced to all the members in the conversation once modified successfully.
Note:
This feature is supported only by the SDK for Flutter on v4.0.0 or later.

Modifying a Message

A conversation participant can call the modifyMessage API (details) to modify a sent message in the conversation. The Chat SDK allows any conversation participant to modify a message in the conversation. You can add more restrictions at the business layer, for example, only allowing the message sender to modify the message.
Currently, the following information of a message can be modified:
localCustomData (details)
localCustomInt (details)
cloudCustomData (details)
V2TIMTextElem (details)
V2TIMCustomElem (details)
Sample code:
// Find the message to be modified
V2TimValueCallback<List<V2TimMessage>> msgListRes = await TencentImSDKPlugin.v2TIMManager.getMessageManager().findMessages(messageIDList: ['msgid']);
// Edit the message
if(msgListRes.code == 0){
List<V2TimMessage> messageList = msgListRes.data;
if(messageList.isNotEmpty){
V2TimMessage originMessage = messageList[0];
originMessage.cloudCustomData = "change data";
V2TimValueCallback<V2TimMessageChangeInfo> modify = await TencentImSDKPlugin.v2TIMManager.getMessageManager().modifyMessage(message: originMessage);
if(modify.code == 0){
if(modify.data.code ==0){
// Modified successfully
}
}
}
}

Listening for a Message Modification Callback

Conversation participants call addAdvancedMsgListener (details) to add the advanced message listener.
After a message in the conversation is modified, all the participants will receive the onRecvMessageModified callback (details), which contains the modified message object.
Sample code:
onRecvMessageModified: (V2TimMessage message) {
// `msg` is the modified message object
},