• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
SDK/
Flutter/
セッション/
SDK
  • Chat SDK のインストール
    • インストール
  • Chat SDK の初期化
    • 初期化
  • ログインとログアウト
    • ログインとログアウト
  • メッセージ
    • メッセージの概要
    • メッセージ送信
    • メッセージの受信
    • 過去のメッセージ
    • メッセージ転送
    • メッセージの変更
    • メッセージ挿入
    • メッセージ削除
    • メッセージをクリア
    • メッセージの取り消し
    • オンラインメッセージ
    • 既読レシート
    • クエリーメッセージ
    • グループ @ メッセージ
    • ターゲットグループメッセージ
    • 通知のサイレントモード
    • メッセージ拡張
  • セッション
    • セッションの概要
    • セッションリスト
    • セッションの取得
    • 未読セッション数
    • セッションの先頭固定表示
    • セッションの削除
    • セッションの下書き
    • セッショングループ
  • グループ
    • グループの概要
    • グループ管理
    • グループプロファイル
    • グループメンバーの管理
    • グループメンバープロファイル
    • グループプロパティのカスタマイズ
  • ユーザー
    • ユーザープロファイル
    • 友達管理
    • 友達リスト
    • ブラックリスト
  • オフラインプッシュ
    • オフラインプッシュ
  • シグナリング
    • シグナリング管理
  • ローカル検索
    • メッセージ検索
    • 友達を検索
    • グループの検索
    • グループメンバーの検索
  • インターフェースリファレンスドキュメンテーション
    • 顧客インターフェース
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

セッションの削除

Feature Description

If a user doesn't want to view the historical one-to-one or group messages after deleting a friend or leaving a group, the user can choose to delete the conversation.
Caution:
When a conversation is deleted, the historical messages will be deleted from both the client and the server and cannot be recovered.
Multi-client sync is disabled for conversation deletion by default and can be enabled in the IM console.

Deleting a Conversation

Call the deleteConversation API (Details) to delete a specified conversation.
Sample code:
// Delete a specified conversation
conversationManager.deleteConversation(conversationID: "conversationID");