• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
SDK/
Flutter/
セッション/
SDK
  • Chat SDK のインストール
    • インストール
  • Chat SDK の初期化
    • 初期化
  • ログインとログアウト
    • ログインとログアウト
  • メッセージ
    • メッセージの概要
    • メッセージ送信
    • メッセージの受信
    • 過去のメッセージ
    • メッセージ転送
    • メッセージの変更
    • メッセージ挿入
    • メッセージ削除
    • メッセージをクリア
    • メッセージの取り消し
    • オンラインメッセージ
    • 既読レシート
    • クエリーメッセージ
    • グループ @ メッセージ
    • ターゲットグループメッセージ
    • 通知のサイレントモード
    • メッセージ拡張
  • セッション
    • セッションの概要
    • セッションリスト
    • セッションの取得
    • 未読セッション数
    • セッションの先頭固定表示
    • セッションの削除
    • セッションの下書き
    • セッショングループ
  • グループ
    • グループの概要
    • グループ管理
    • グループプロファイル
    • グループメンバーの管理
    • グループメンバープロファイル
    • グループプロパティのカスタマイズ
  • ユーザー
    • ユーザープロファイル
    • 友達管理
    • 友達リスト
    • ブラックリスト
  • オフラインプッシュ
    • オフラインプッシュ
  • シグナリング
    • シグナリング管理
  • ローカル検索
    • メッセージ検索
    • 友達を検索
    • グループの検索
    • グループメンバーの検索
  • インターフェースリファレンスドキュメンテーション
    • 顧客インターフェース
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

セッションの概要

Conversation

When a user creates a one-to-one or group chat, a conversation will be created. In the Tencent Cloud IM SDK, the conversation class is TencentImSDKPlugin.v2TIMManager.getConversationManager(). You can use the conversation management class APIs to display/update the conversation list, update the unread count, pin a conversation to the top, make a conversation draft, and mute message notifications.

Conversation Class

The conversation class is V2TIMConversation (Details), which defines the following content:
Attribute
Definition
Description
type
Conversation type
See the definition of V2TIMConversationType, which can be C2C or Group.
conversationID
Unique conversation ID
It is in the format of c2c_userID for a one-to-one chat or group_groupID for a group chat.
userID
User ID of the message receiver
userID stores the user ID of the message receiver if the conversation type is one-to-one chat; otherwise, it is nil/null.
groupID
Group ID
groupID stores the group ID if the conversation type is group chat; otherwise, it is nil/null.
groupType
Group type
groupType is the type of the group if the conversation type is group chat; otherwise, it is nil/null.
showName
Displayed conversation name
The name of a group conversation is displayed in the following order of priority: group name > group ID;
The name of a one-to-one conversation is displayed in the following order of priority: friend remarks of the message receiver > nickname of the message receiver > userID of the message receiver.
faceUrl
Displayed conversation profile photo
It is the group profile photo for a group chat or the profile photo of the message receiver for a one-to-one chat.
unreadCount
Unread message count of the conversation
For detailed directions, see unreadCount property. It is invalid and defaults to 0 for an audio-video group (AVChatRoom).
recvOpt
Message receiving option
See the definition of V2TIMReceiveMessageOpt. For detailed directions, see V2TimReceiveMessageOptInfo class.
lastMessage
Last message in the conversation
For detailed directions, see getConversationList metho.
groupAtInfolist
List of @ information in the group conversation
Generally, it is used to display the notifications of "someone@me" and "@all".
draftText
Draft information
The draft information can be set by calling the setConversationDraft API. For detailed directions, see setConversationDraft method.
draftTimestamp
Draft editing time
It is automatically generated when a draft is set.
isPinned
Whether to pin the conversation to the top
For detailed directions, see pinConversation method.
orderKey
Field for sorting conversations
For detailed directions, see getConversationList method.
customData
Conversation's custom data
For detailed directions, see setConversationCustomData method

Conversation Storage Policy

There is no limit on the number of locally stored conversations. Up to 100 conversations can be stored in the cloud. To increase this limit, upgrade to the Ultimate edition. Then you can set the limit to 500 in the console.
Up to 100 conversations can be stored in the cloud. To increase this limit, upgrade to the Ultimate edition. Then you can set the limit to 500 in the console:



If the information of a conversation has not been updated for a long time, the conversation can be stored in the cloud for up to seven days. To extend the conversation storage period, contact us for application.
Locally stored conversations may not always be consistent with those stored in the cloud. If the user does not call the deleteConversation API to delete the local conversations, the conversations will always exist. However, up to 100 conversations can be stored in the cloud, and if the information of a conversation has not been updated for a long time, the conversation can be stored in the cloud for up to seven days. Therefore, local conversations displayed on different terminals may differ.