• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
SDK/
Unity(Game Solution)/
メッセージ/
SDK
  • Run Demo
  • SDK の統合
  • 初期化
  • ログインとログアウト
  • メッセージ
    • メッセージの概要
    • メッセージ送信
    • メッセージの受信
    • 過去のメッセージ
    • メッセージ転送
    • メッセージの変更
    • メッセージ削除
    • メッセージをクリア
    • メッセージの取り消し
    • オンラインメッセージ
    • 既読レシート
    • クエリーメッセージ
    • グループ @ メッセージ
    • ターゲットグループメッセージ
    • 通知のサイレントモード
    • メッセージ拡張
  • セッション
    • セッションの概要
    • セッションリスト
    • セッションの取得
    • 未読セッション数
    • セッションの先頭固定表示
    • セッションの削除
    • セッションの下書き
    • セッションフラグ
    • セッショングループ
  • グループ
    • グループの概要
    • グループ管理
    • グループプロファイル
    • グループメンバーの管理
    • グループメンバープロファイル
    • グループプロパティのカスタマイズ
    • グループカウンター
  • ユーザー
    • ユーザープロファイル
    • ユーザー状態
    • 友達管理
    • 友達リスト
    • ブラックリスト
  • Changelog
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

グループ @ メッセージ

Overview

The sender listens for the characters in the input box. When the sender enters @, the group member selection UI will pop up. After the target group members are selected, the message will be displayed in the input box in the format of "@A @B @C......", which can be further edited before sent. In the group chat list of the receiver's conversation UI, the identifier "someone@me" or "@ all" will be displayed to remind the user that the user was mentioned by someone in the group chat.
Note:
Currently, only text @ messages are supported.

Sending a Group @ Message

1. The sender listens for the text input box on the chat UI and launches the group member selection UI. After group members are selected, the ID and nickname information of the members is called back. The ID is used to create the Message object, while the nickname is to be displayed in the text box.
2. The sender calls the MsgSendMessage API (details) to create a text @ message, create the Message message object, specify the target group members, and send the message object.
Sample code:
// Create a group @ message
var message = new Message
{
message_conv_id = conv_id,
message_conv_type = TIMConvType.kTIMConv_Group,
message_elem_array = new List<Elem>{new Elem
{
elem_type = TIMElemType.kTIMElem_Text,
text_elem_content = Input.text
}},
| message_group_at_user_array | UserID list of users that need to be mentioned (@) in the group message. To @all, pass in the `kImSDK_MesssageAtALL` field. |
};
StringBuilder messageId = new StringBuilder(128);
TIMResult res = TencentIMSDK.MsgSendMessage(conv_id, TIMConvType.kTIMConv_Group, message, messageId, (int code, string desc, string json_param, string user_data)=>{
// Async message sending result
});

Receiving a Group @ Message

1. When the conversation is loaded and updated, call the conv_group_at_info_array API (details) of ConvInfo to get the @ data list of the conversation.
2. Call the conv_group_at_info_at_type API (details) of the GroupAtInfo object in the list to get the @ data type and update it to the @ information of the current conversation.
Sample code:
TIMResult res = TencentIMSDK.ConvGetConvList((int code, string desc, List<ConvInfo> info_list, string user_data)=>{
foreach (ConvInfo info in info_list)
{
foreach (GroupAtInfo at_info in info.conv_group_at_info_array)
{
if (at_info.conv_group_at_info_at_type == TIMGroupAtType.kTIMGroup_At_Me) {
// @me
}
if (at_info.conv_group_at_info_at_type == TIMGroupAtType.kTIMGroup_At_All) {
// @all in the group
}
if (at_info.conv_group_at_info_at_type == TIMGroupAtType.kTIMGroup_At_All_At_ME) {
// @all in the group and @me alone
}
}
}
});