RTC Engine
  • Overview
  • Web
    • Demo のクイックスタート
    • SDK クイックスタート
    • 基本機能
      • 画面共有
      • ライブブロードキャスト
      • メディアデバイス
      • 音量
      • エンコーディング構成ファイルの設定
      • ネットワーク品質の検出
      • 検出能力
    • 高度な機能
      • AI ノイズ低減の有効化
      • ミキシングを有効にします
      • ウォーターマークを有効にします
      • Enable Virtual Background
      • 美顔とエフェクトの有効化
      • データメッセージ
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
    • インターフェースリスト
    • リリース説明
    • 対応するプラットホーム
    • Web に関するよくあるご質問
      • 複数人でのビデオ通話を最適化
      • 制限付き自動再生の処理
      • ファイアウォール制限への対応
      • その他
  • Android
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCStatistics
      • TRTCCloudListener
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • ソリューション
      • リアルタイムコーラス (TUIKaraoke)
        • クイックインテグレーション
        • 実施ステップ
        • 曲の同期
        • 歌詞の同期
        • 音声同期
        • ミクスストリーミングソリューション
        • TRTCKaraoke 関連インターフェース
        • よくあるご質問
    • リリース説明
  • iOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
    • ソリューション
      • クイックインテグレーション
      • 実施ステップ
      • 曲の同期
      • 歌詞の同期
      • 音声同期
      • ミクスストリーミングソリューション
      • TRTCKaraoke 関連インターフェース
      • よくあるご質問
    • リリース説明
  • macOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
      • リリース説明
    • リリース説明
  • Windows
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • ITRTCCloud
      • ITRTCStatistics
      • TRTCCloudCallback
      • ITXAudioEffectManager
      • ITXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • リリース説明
  • Electron
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Flutter
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Unity
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • QT
    • インテグレーション
      • 1. SDK のインポート
  • Overview
    • Overview
  • 概念
  • Features
  • 性能統計
  • 価格
    • 無料時間
    • RTC-Engine パッケージ
    • サブスクリプションパッケージ期間の課金説明
    • 従量課金
      • 音声・ビデオ時間の課金説明
      • クラウド録画の課金説明
      • ミックストランスコーディングとCDNへのリレーの課金説明
  • よくあるご質問
    • 初心者のよくあるご質問
    • マイグレーションガイド
      • Twilio Video から TRTC への移行
      • 課金
      • Features
      • UserSig
      • ファイアウォール制限
      • インストールパッケージを削減する方法
      • TRTCCalling Web 関連
      • オーディオ・ビデオの品質
      • その他
RTC Engine
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

ミクスストリーミングソリューション

Specific code implementation

1. Create main and sub-instances

// Create TRTCCloud main instance (vocal instance)
TRTCCloud mTRTCCloud = TRTCCloud.sharedInstance(getApplicationContext());
// Create TRTCCloud sub-instance (accompaniment instance)
TRTCCloud subCloud = mTRTCCloud.createSubCloud();
Note:
In the real-time chorus scheme, the lead singer needs to create the main instance-vocal instance and the sub-instance-accompaniment instance separately for uploading vocals and accompaniment music.

2. Vocal instance enters the room and pushes the stream

TRTCCloudDef.TRTCParams params = new TRTCCloudDef.TRTCParams();
params.sdkAppId = sdkAppId;
params.userId = mUserId;
params.userSig = userSig;
params.role = TRTCCloudDef.TRTCRoleAnchor;
params.roomId = mRoomId;
mTRTCCloud.enterRoom(params, TRTCCloudDef.TRTC_APP_SCENE_LIVE);
// Turn on audio uplink and set audio quality
mTRTCCloud.startLocalAudio(TRTCCloudDef.TRTC_AUDIO_QUALITY_MUSIC);
// Set media type
mTRTCCloud.setSystemVolumeType(TRTCCloudDef.TRTCSystemVolumeTypeMedia);
// Mute remote accompaniment music
mTRTCCloud.muteRemoteAudio(mUserId + "_bgm", true);
Notice:
In pure RTC audio scenarios, it is recommended to use VOICE_CHATROOM for entering the room.
If there is a need for video or CDN forwarding, the room entry scenario must use LIVE, as VOICE_CHATROOM will add pure audio parameters during forwarding, causing SEI messages to fail to pass through.
The lead singer/chorus needs to muteRemoteAudio(true) to unsubscribe from the audio stream uploaded by the accompaniment instance, otherwise, the local and remote accompaniment music will be played repeatedly.

3. Accompaniment instance enters the room and pushes the stream

TRTCCloudDef.TRTCParams bgmParams = new TRTCCloudDef.TRTCParams();
bgmParams.sdkAppId = sdkAppId;
bgmParams.userId = mUserId + "_bgm";
bgmParams.userSig = userSig;
bgmParams.role = TRTCCloudDef.TRTCRoleAnchor;
bgmParams.roomId = mRoomId;
subCloud.enterRoom(bgmParams, TRTCCloudDef.TRTC_APP_SCENE_LIVE);
// Set media type
subCloud.setSystemVolumeType(TRTCCloudDef.TRTCSystemVolumeTypeMedia);

// Enable preloading
subCloud.callExperimentalAPI("{\"api\":\"preloadMusic\",\"params\": {\"musicId\":musicId,\"path\":\"path\",\"startTimeMS\":startTimeMS}}");
// Play accompaniment music and push the stream (play at the agreed time)
TXAudioEffectManager.AudioMusicParam param = new TXAudioEffectManager.AudioMusicParam(musicID, musicPath);
// Send accompaniment music to the remote end
param.publish = true;
subCloud.getAudioEffectManager().startPlayMusic(param);
Note:
Pay attention to distinguish between the userId of the main instance and the sub-instance, ensuring that they are not duplicated and easy to identify;
Accompaniment instance background music parameter AudioMusicParam settings:
publish:true (while the music is playing locally, remote users can also hear the music)
publish:false (default value, the music can only be heard locally, remote users cannot hear it)

4. Initiate mixed stream transcoding and pushing

// Create a TRTCPublishTarget object
TRTCCloudDef.TRTCPublishTarget target = new TRTCCloudDef.TRTCPublishTarget();
// Push back to the room after mixing, if publishing to CDN, fill in TRTC_PublishMixStream_ToCdn
target.mode = TRTCCloudDef.TRTC_PublishMixStream_ToRoom;
target.mixStreamIdentity.intRoomId = Integer.parseInt(mRoomId);
// The userid of the mixing robot, which cannot be duplicated with other users' userid in the room
target.mixStreamIdentity.userId = mUserId + "_mix";
// Set the encoding parameters of the transcoded audio stream
TRTCCloudDef.TRTCStreamEncoderParam trtcStreamEncoderParam = new TRTCCloudDef.TRTCStreamEncoderParam();
trtcStreamEncoderParam.audioEncodedChannelNum = 2;
trtcStreamEncoderParam.audioEncodedKbps = 64;
trtcStreamEncoderParam.audioEncodedCodecType = 2;
trtcStreamEncoderParam.audioEncodedSampleRate = 48000;

// Set audio mixing parameters
TRTCCloudDef.TRTCStreamMixingConfig trtcStreamMixingConfig = new TRTCCloudDef.TRTCStreamMixingConfig();
// Support filling in empty values, which will automatically mix the audio of all hosts and output
trtcStreamMixingConfig.audioMixUserList = null;

// Initiate mixed stream transcoding and pushing request
mTRTCCloud.startPublishMediaStream(target, trtcStreamEncoderParam, trtcStreamMixingConfig);
Note:
It is recommended to prioritize the lead singer to initiate mixed stream transcoding and pushing through the mixing robot to the backend, mixing the accompaniment music and all vocal streams and pushing them back to the TRTC room, or pushing them to the live CDN.
In automatic subscription mode, the hosts participating in the mixed stream transcoding will pull each other's single stream by default and not receive the mixed stream pushed back to the room; the audience will automatically pull the mixed stream pushed back to the room and no longer receive the single stream.
The mixed stream transcoding and pushing method startPublishMediaStream used here adopts a brand new backend architecture. The old version of the application needs to provide the SdkAppId to apply for an upgrade before it can be used.