RTC Engine
  • Overview
  • Web
    • Demo のクイックスタート
    • SDK クイックスタート
    • 基本機能
      • 画面共有
      • ライブブロードキャスト
      • メディアデバイス
      • 音量
      • エンコーディング構成ファイルの設定
      • ネットワーク品質の検出
      • 検出能力
    • 高度な機能
      • AI ノイズ低減の有効化
      • ミキシングを有効にします
      • ウォーターマークを有効にします
      • Enable Virtual Background
      • 美顔とエフェクトの有効化
      • データメッセージ
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
    • インターフェースリスト
    • リリース説明
    • 対応するプラットホーム
    • Web に関するよくあるご質問
      • 複数人でのビデオ通話を最適化
      • 制限付き自動再生の処理
      • ファイアウォール制限への対応
      • その他
  • Android
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCStatistics
      • TRTCCloudListener
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • ソリューション
      • リアルタイムコーラス (TUIKaraoke)
        • クイックインテグレーション
        • 実施ステップ
        • 曲の同期
        • 歌詞の同期
        • 音声同期
        • ミクスストリーミングソリューション
        • TRTCKaraoke 関連インターフェース
        • よくあるご質問
    • リリース説明
  • iOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
    • ソリューション
      • クイックインテグレーション
      • 実施ステップ
      • 曲の同期
      • 歌詞の同期
      • 音声同期
      • ミクスストリーミングソリューション
      • TRTCKaraoke 関連インターフェース
      • よくあるご質問
    • リリース説明
  • macOS
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • TRTCCloud
      • TRTCCloudDelegate
      • TRTCStatistics
      • TXAudioEffectManager
      • TXBeautyManager
      • TXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • ErrorCode
      • リリース説明
    • リリース説明
  • Windows
    • Run Sample Code
    • Integration
    • インテグレーション
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. ビデオ品質の設定
      • 10. ビデオの回転
    • Advanced Features
      • ハードウェアデバイスのテスト
      • ネットワーク品質のテスト
      • キャプチャーとレンタリングのカスタマイズ
      • オーディオキャプチャーと再生のカスタマイズ
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • ITRTCCloud
      • ITRTCStatistics
      • TRTCCloudCallback
      • ITXAudioEffectManager
      • ITXDeviceManager
      • タイプ定義
      • 廃棄インタフェース
      • エラーコード
    • リリース説明
  • Electron
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Flutter
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
      • 3. ルームに入る
      • 4. オーディオ・ビデオストリームのサブスクリプション
      • 5. オーディオ・ビデオストリームのリリース
      • 6. ルームからの退出
      • 7. ネットワーク品質の検出
      • 8. 画面共有の有効化
      • 9. パソコンサウンドの共有
      • 10. ビデオ品質の設定
      • 11. ビデオの回転
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • Unity
    • インテグレーション
      • 1. インターフェースの例
      • 2. SDK のインポート
    • 顧客インターフェース
      • Overview
      • エラーコード
  • QT
    • インテグレーション
      • 1. SDK のインポート
  • Overview
    • Overview
  • 概念
  • Features
  • 性能統計
  • 価格
    • 無料時間
    • RTC-Engine パッケージ
    • サブスクリプションパッケージ期間の課金説明
    • 従量課金
      • 音声・ビデオ時間の課金説明
      • クラウド録画の課金説明
      • ミックストランスコーディングとCDNへのリレーの課金説明
  • よくあるご質問
    • 初心者のよくあるご質問
    • マイグレーションガイド
      • Twilio Video から TRTC への移行
      • 課金
      • Features
      • UserSig
      • ファイアウォール制限
      • インストールパッケージを削減する方法
      • TRTCCalling Web 関連
      • オーディオ・ビデオの品質
      • その他
RTC Engine
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

検出能力

To ensure that users can have a good experience with the TRTC SDK, we recommend you test the user's media device and network quality the user enters a TRTC room.

Supported Platforms

Detect Browser Capabilities

Before entering room, we recommend you use the TRTC.isSupported API to check whether the SDK supports the current browser first, and if not, please guide the user to use a supported browser(Chrome 56+, Edge 80+, Firefox 56+, Safari 11+).
TRTC.isSupported().then(checkResult => {
// Not supported, guide the user to use a supported browser(Chrome 56+, Edge 80+, Firefox 56+, Safari 11+).
if (!checkResult.result) {}
// Not support to publish video
if (!checkResult.detail.isH264EncodeSupported) {}
// Not support to subscribe video
if (!checkResult.detail.isH264DecodeSupported) {}
});
If the check result returned from TRTC.isSupported is false, the reason may be:
1. The web page uses the http protocol. Browsers do not allow http protocol sites to capture cameras and microphones, you need to deploy your page using the https protocol.
2. Firefox browser needs to load H264 codec dynamically after installation, so the detection result will be false for a short period of time, please wait and try again or guide to use other browsers.

Test Media Device

Generally, the Media Device Testing looks like this.











Test Camera

1. Get camera list
Generally, you need to check the camera list first to confirm whether the user has a camera. Then, you can show a camera list to let user to select the camera they want.
const cameraList = await TRTC.getCameraList();
const hasCameraDevice = cameraList.length > 0;

if (!hasCameraDevice) {
// User has not any camera.
}
2. Capture and play camera
In this step, you need to capture and play camera, and does not need to publish stream.
If capturing camera successfully, you need guide user confirm whether user can see the camera view normally.
If capturing camera failed, it is usually caused by NotAllowedError or NotReadableError, refer to DEVICE_ERROR.
try {
// Capture and play camera, not need to publish stream
await trtc.startLocalVideo({ view: 'camera-video-view-id', publish: false });
} catch(error) {
// Common reasons: NotAllowedError or NotReadableError
}
3. Switch camera
The SDK will capture the first camera of camera list by default if you did not specify the cameraId when calling trtc.startLocalVideo.
The user may want to switch another camera before entering room if the user has a lot of cameras.
// You can get the cameraId from the camera list you got in fisrt step.
if (cameraList[1]) {
try {
await trtc.updateLocalVideo({ option: { cameraId: cameraList[1].deviceId } });
} catch(error) {
// Common reasons: NotAllowedError or NotReadableError, same with step 2.
}
}
4. Stop camera
You need to stop camera when the testing finished.
await trtc.stopLocalVideo();

Test Microphone

1. Get mircrophone list
Generally, you need to check the mircrophone list first to confirm whether the user has a mircrophone. Then, you can show a mircrophone list to let user select the mircrophone they want.
const microphoneList = await TRTC.getMicrophoneList();
const hasMicrophoneDevice = micList.length > 0;

if (!hasMicrophoneDevice) {
// User has not any microphone.
}
2. Capture microphone and get the volume
In this step, you need to capture the microphone, get the audio volume of microphone to show a volume bar, and do not need to publish stream.
If capturing successfully, you need to guide the user to confirm whether the volume bar has changed.
If capturing failed, it is usually caused by NotAllowedError or NotReadableError, refer to DEVICE_ERROR.
try {
// Capture microphone
await trtc.startLocalAudio({ publish: false });
trtc.on(TRTC.EVENT.AUDIO_VOLUME, event => {
event.result.forEach(({ userId, volume }) => {
// When userId is an empty string, it represents the volume of the local microphone.
const isMe = userId === '';
if (isMe) {
// show a volume bar based on the value of volume.
}
})
});
trtc.enableAudioVolumeEvaluation(500);
} catch(error) {
// Common reasons: NotAllowedError or NotReadableError
}
3. Switch microphone
The SDK will capture the first microphone of microphone list by default if you did not specify the microphoneId when calling trtc.startLocalAudio.
The user may want to switch to another microphone before entering room if the user has a lot of microphones.
// You can get the microphoneId from the microphone list you got in fisrt step.
if (microphoneList[1]) {
try {
await trtc.updateLocalAudio({ option: { microphoneId: microphoneList[1].deviceId } });
} catch(error) {
// Common reasons: NotAllowedError or NotReadableError, same with step 2.
}
}
4. Stop microphone
// You need to stop microphone when the testing finished.
await trtc.stopLocalAudio();
// disable audio-volume event
trtc.enableAudioVolumeEvaluation(-1);

Test Speaker

1. Get speaker list
const speakerList = await TRTC.getSpeakerList();
if (speakerList.length === 0) {
// User has not speaker.
}
2. Play a mp3 media file through the audio element.
You need to guide user to play the mp3 file and confirm whether they can hear the sound from the speaker.
<audio id="audio-player" src="xxxxx" controls></audio>
3. Switch speaker
You cannot use the TRTC.setCurrentSpeaker to switch speaker, because you play a mp3 by audio element but not TRTC SDK. There is a HTMLMediaElement.sinkId property which can be used to set speaker.
const audioElement = document.getElementById('audio-player');
if (speakerList[1]) {
audioElement.sinkId = speakerList[1].deviceId;
}

Detect Network Quality

Online TRTC Capability Detection

You can use the Online TRTC Capability Detection where you are currently using the TRTC SDK to detect the current environment. You can also click the "Generate Report" button to get a report of the current environment for environment detection or troubleshooting.