Conference
  • Overview
  • Web
    • Demo のクイックスタート
    • インテグレーション
    • UI のカスタマイズ
    • Conference Control
    • ルームでのチャット
    • クラウドレコーディング
    • AI ノイズ低減
    • ロボットプッシュ
    • 仮想背景
    • その他の機能
      • フローティングウィンドウ
      • Text Watermark
    • インターフェースドキュメンテーション
      • RoomKit インターフェース
      • RoomEngine インターフェース
        • インターフェースの概要
        • TUIRoomEngine
        • TUIRoomEvents
        • TUIRoomEngine の定義
    • よくあるご質問
  • iOS
    • Demo のクイックスタート
    • インテグレーション
    • UI のカスタマイズ
    • ミーティングコントロール
    • ルームでのチャット
    • クラウドレコーディング
    • AI ノイズ低減
    • ロボットプッシュ
    • その他の機能
      • フローティングウィンドウ
    • インターフェースドキュメンテーション
      • RoomKit インターフェース
      • RoomEngine インターフェース
        • インターフェースの概要
        • TUIRoomEngine
        • TUIRoomObserver
        • タイプ定義
    • よくあるご質問
  • Android
    • Demo のクイックスタート
    • インテグレーション
    • UI のカスタマイズ
    • ミーティングコントロール
    • ルームでのチャット
    • クラウドレコーディング
    • AI ノイズ低減
    • ロボットプッシュ
    • その他の機能
      • フローティングウィンドウ
    • インターフェースドキュメンテーション
      • RoomKit インターフェース
      • RoomEngine インターフェース
        • インターフェースの概要
        • TUIRoomEngine
        • TUIRoomObserver
        • タイプ定義
    • よくあるご質問
  • Electron
    • Demo のクイックスタート
    • インテグレーション
    • UI のカスタマイズ
    • Conference Control
    • ルームでのチャット
    • クラウドレコーディング
    • AI ノイズ低減
    • ロボットプッシュ
    • その他の機能
      • フローティングウィンドウ
      • Text Watermark
    • インターフェースドキュメンテーション
      • RoomKit インターフェース
      • RoomEngine インターフェース
        • インターフェースの概要
        • TUIRoomEvent
        • TUIRoomEngine
        • TUIRoomEngine の定義
    • よくあるご質問
  • Flutter
    • Demo のクイックスタート
    • インテグレーション
    • UI のカスタマイズ
    • ミーティングコントロール
    • In-Conference Chat
    • クラウドレコーディング
    • AI ノイズ低減
    • ロボットプッシュ
    • その他の機能
      • フローティングウィンドウ
    • インターフェースドキュメンテーション
      • RoomKit インターフェース
      • RoomEngine インターフェース
        • インターフェースの概要
        • TUIRoomEngine
        • TUIRoomObserver
        • タイプ定義
    • よくあるご質問
  • Overview
    • Overview
  • サービスをアクティブ化します
  • 価格
    • 無料時間
    • TRTC Conference の月額パッケージ
    • サブスクリプションパッケージ期間の課金説明
    • 従量課金
      • 音声・ビデオ時間の課金説明
      • クラウド録画の課金説明
      • ミックストランスコーディングとCDNへのリレーの課金説明
  • サーバー API
    • REST インターフェース
      • RESTful インターフェースの概要
      • RESTful インターフェースリスト
      • Room Management
        • Create a Room
        • Destroy a Room
        • Update the Room Information
        • Get the Room Information
      • ユーザー管理
        • Get the Room Member List
        • Update the Room Member Information
        • Change the Room Ownership
        • Mark Room Members
        • Ban Room Members
        • Unban Room Members
        • Get the Banned Room Member List
        • Remove Room Member
      • Seat Management
        • Get the Seat List
        • Pick User on the Seat
        • Kick User off the Seat
        • Lock the Seat
    • Third-Party Callback
      • Callback Overview
      • Callback Command List
      • Callback Configuration
        • Query Callback Configuration
        • Create Callback Configuration
        • Update Callback Configuration
        • Delete Callback Configuration
      • Room Related
        • After a Room Is Created
        • After a Room Is Destroyed
        • After the Room Information Is Updated
      • User Related
        • After a Room Is Entered
        • After a Room Is Left
      • Seat Connection Related
        • After the Seat List Is Changed
  • Error Code
Conference
このページは現在英語版のみで提供されており、日本語版も近日中に提供される予定です。ご利用いただきありがとうございます。

Create Callback Configuration

Feature Overview

App administrators can create callback configurations through this API.

API Calling Description

Sample Request URL

https://xxxxxx/v4/room_config/set_callback?sdkappid=88888888&identifier=admin&usersig=xxx&random=99999999&contenttype=json

Request Parameters

The table below only lists the parameters modified when calling this API. For more details, please refer to RESTful API Overview.
Parameter
Description
xxxxxx
The reserved domain name for the country/region where the SDKAppID is located:
Singapore :adminapisgp.im.qcloud.com
v4/room_config/set_callback
Request API
sdkappid
The SDKAppID assigned by the Chat console when an app is created
identifier
Must be an App administrator account. For more details, please refer to App Administrator.
usersig
The Signature generated by the App administrator account. For more details, please refer to Generating UserSig.
random
Enter a random 32-bit unsigned integer ranging from 0 to 4294967295
contenttype
The request format fixed value is json

Maximum Calling Frequency

200 times per second.

Sample Request Packets

Basic Form
{
"Url":"http://www.example.com/callback",
"CallbackCommandList":[
"Room.CallbackAfterMemberLeave",
"Mic.CallbackAfterSeatInfoChanged"
]
}

Request Packet Field Description

Field
Type
Attribute
Description
Url
String
Mandatory
Callback address, must start with http/https, it is recommended to use the more secure https.
CallbackCommandList
Array
Mandatory
For the command words that trigger the callback, refer to Callback Command Word List.

Sample Response Packets

Basic Form
{
"ActionStatus": "OK",
"ErrorInfo": "",
"ErrorCode": 0,
"RequestId": "Id-8c9858f01e954611ae2d4c1b1ed7d583-O-Seq-52720"
}

Response Packet Field Description

Field
Type
Description
ActionStatus
String
The result of the request process. OK for success, FAIL for failure.
ErrorCode
Integer
Error code. 0 for success, others for failure.
ErrorInfo
String
Error message
RequestId
String
The unique request ID is returned with each request and required to provide this RequestId when locating issues.

Error Codes

Unless a network error occurs (e.g., 502 error), the HTTP status code for this interface will always be 200. The actual error codes and messages are conveyed through ErrorCode and ErrorInfo in the response body. For common error codes (60000 to 79999), see Error Code documentation. The private error codes for this API are as follows:
Error code
Description
100001
Internal server error, please retry.
100002
The parameter is invalid, please check the request for correctness based on the error description.
100300
Callback configuration already exists, you can use the Update Callback Configuration interface to update.