• UIKit
  • SDK
  • サーバー API
Chat/
UIKit/
Android/
UIKit
  • Overview
  • Run Demo
  • 開始
  • インストール
    • TUIKit
    • TUIChat のみ
  • Build Basic Interfaces
    • Chat
    • Conversation List
    • Contact List
    • Add Contact
    • Create Group Chat
    • Video and Audio Call
  • Features
    • 反応
    • Quote
    • 既読レシート
    • ユーザーのオンライン状態
    • Translation
    • Voice to Text
    • メッセージ検索
  • カスタマイズ
    • メッセージのカスタマイズ
    • 絵文字とステッカーのカスタマイズ
  • ローカライズ
  • Changelog
  • Guideline for Beginners
  • コンソールガイド
    • アプリケーションの作成とアップグレード
    • 基本設定
    • 機能設定
    • アカウント管理
    • グループ管理
    • コールバック設定
  • 製品紹介
    • メッセージ管理
      • シングルチャットメッセージ
      • メッセージの保存
      • オフラインプッシュ
      • グループメッセージ
      • メッセージフォーマット
    • アカウントシステム
      • ログイン認証
      • オンライン状態管理
    • グループ関連
      • グループシステム
      • グループ管理
    • ユーザープロファイルとリレーションシップチェーン
      • 資料管理
      • リレーションシップチェーン管理
  • 購入ガイド
    • 課金の概要
    • 価格
  • エラーコード

Run Demo

操作手順

手順1:アプリケーションの作成

1. IMコンソールにログインします。
説明:
アプリケーションをすでに保有している場合は、そのSDKAppIDを記録してからキー情報の取得を実行してください。 同じTencent Cloudのアカウントで、最大300個のIMアプリケーションを作成することができます。すでにアプリケーションが300個ある場合は、使用する必要のないアプリケーションを使用停止して削除すると、新しいアプリケーションを作成することができます。アプリケーションを削除した後、そのSDKAppIDに対応するすべてのデータとサービスは失われます。慎重に操作を行ってください。
2. 新しいアプリケーションの作成をクリックし、アプリケーションの作成のダイアログボックスにアプリケーション名を入力し、OKをクリックします。


3. 作成が完了すると、コンソールの概要ページで、作成したアプリケーションのステータス、サービスバージョン、SDKAppID、作成時間、タグおよび有効期限を確認できます。SDKAppID情報を記録してください。



ステップ2:キー情報の取得

1. 対象のアプリケーションカードをクリックし、アプリケーションの基本設定画面に移動します。


2. 基本情報セクションで、表示キーをクリックし、キー情報をコピーして保存します。
ご注意:
キー情報を適切に保管して、漏えいしないようにしてください。

ステップ3: Demo ソースコードのダウンロードおよび設定

1. IM Demoプロジェクトをダウンロードします。具体的なダウンロードアドレスについては、SDKダウンロードをご参照ください。
説明:
顔絵文字デザインの著作権を尊重するため、ダウンロードするDemoプロジェクトには大きな顔絵文字要素の切り取りが含まれておらず、自身のローカル顔絵文字パッケージを使用してコードを設定できます。IM Demoでの顔絵文字パッケージの不正使用は意匠権の侵害に当たる可能性があります。
2. 端末ディレクトリのプロジェクトを開き、対応するGenerateTestUserSigファイルを見付けます。パスは「Android/Demo/app/src/main/java/com/tencent/qcloud/tim/demo/signature/GenerateTestUserSig.java」です。
3. GenerateTestUserSigファイルの関連パラメータを設定します:
SDKAPPID:手順1で取得した実際のアプリケーションSDKAppIDを設定してください。
SECRETKEY: 手順2で取得した実際のキー情報を設定してください。


ご注意:
ここで言及するUserSigの取得方法は、クライアントコードにSECRETKEYを設定しますが、この手法のSECRETKEYは逆コンパイルによって逆クラッキングされやすく、キーがいったん漏洩すると、攻撃者はTencent Cloudトラフィックを盗用できるようになります。そのためこの手法は、ローカルのDemoクイックスタートおよび機能デバッグにのみ適しています。 正しい UserSigの発行方法は、UserSig の計算コードをお客様のサーバーに統合して、App向けのポートを用意し、UserSig を必要とするときは、App から業務サーバーにリクエストを出して、ダイナミック UserSigを取得することです。より詳細な内容については、 サーバーでのUserSig生成をご参照ください。

手順4:コンパイルと実行

Android Studioを用いてプロジェクトをインポートし、直接コンパイルして実行します。 詳細については、ステップ3 でクローンしたDemoプロジェクトの対応ディレクトリにあるREADME.mdファイルをご参照ください。
開発環境要件
Android Studio-Chipmunk
Gradle-6.7.1
Android Gradle Plugin Version-4.2.0
kotlin-gradle-plugin-1.5.31
ご注意:
Demoデフォルトでオーディオビデオ通話機能が統合されています。この機能が依存するAVのSDKは現在、シミュレーターをサポートしていないため、実際のマシンを使用してデバッグするかまたはDemoを実行してください。